漆仕上げ/茅ヶ崎教室より

生徒さんの作品。

小鹿田焼の器の欠けを上手に接着し、

接合部分を弁柄漆と黒呂色漆を少し混ぜ合わせた漆で仕上げました。

 

当初は金を蒔く予定でしたが、

結果とても素敵に、日常に戻る器となりました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です