景徳鎮窯の蓋

今日から二十四節気「大暑」。

ようやく、夏らしい蒸し暑さが戻ってきました。

一年でもっとも暑さが増す時期。

 

鎌倉にいると、海側の賑わいと山側の静けさのコントラストが

くっきり感じられます。

テンション高く海ではしゃいだ後は、

鎌倉山や、北鎌倉でクールダウンもオススメです。

 

どうぞ、体調崩されないように、

夏を楽しんでくださいね。

 

さて、こちらは先日お預かりした、

景徳鎮窯の器の蓋。

 

直径30センチほどの大きな器の蓋。

お粥などを入れたりしたら、美味しそうだなって、

妄想したりしながら。。。

 

一点の欠けから、

スーッとヒビが伸びていました。

 

欠けの部分、錆漆で充填し

ヒビの部分も錆漆を入れました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です