夏至 乃東枯(なつかれくさかるる)

二十四節気 夏至
七十二候 乃東枯(なつかれくさかるる)

一年のうちで、日の出から日の入りまでの時間がもっとも長くなる時期。
太陽のエネルギーを強く感じるようになりました。

梅雨の晴れ間に顔をのぞかせる太陽の光は、
地上を照らす、希望の光のよう。

夏に至るとの文字通り、いよいよ夏本番を迎えます。


写真の器は、
ご依頼の萬古焼の急須。
急須の蓋はよくご依頼いただくもののの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です