小満 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

金継ぎ

前回の投稿から、あっという間に季節が進んで、
小満も末候。
草木や生き物たちが成長(生長)し、やがて天地に満ち始める季節。

気候も爽やかで、一年の中でも過ごしやすい季節です。

漆継 本金仕上げ

本日の金継ぎは、古い抹茶碗。
ご依頼主は、ある分野において、日本のデザインの第一人者としてご活躍された方。
どこのお茶碗なのか、尋ねましたが、わからないとのこと。

ただ、箱根の早雲寺・ご住職にお見せしたとき、
すぐに「ころくだろう」とおっしゃったそうです。

宋胡録(すんころく)のことでしょうか。

とにかく、見た目以上に軽く存在感のあるお茶碗でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。