立夏 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

二十四節気 立夏
七十二候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

初夏の風が爽やかに吹く、立夏。
新緑が眩しく、全ての植物がキラキラと輝き、生命力に満ちた季節です。

水田のかえるが一匹二匹と合唱を始める頃を表します。

今日は5月5日端午の節句。
ちょうど季節の変わり目にあたるこの時期、
端午の節句には病や災厄を払う行事が行われてきました。
奈良時代から続く行事ですが、厄除のために菖蒲湯に浸かったり
よもぎ餅を食べたりする風習は今でも大切に行われています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です